練馬区の出張写真撮影

練馬区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 練馬区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは練馬区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 撮影

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真

 

≪地域情報≫

出張 写真 練馬区

練馬区(ねりまく)は、東京都の特別区のひとつで、23区西部に区分される。

 

●概要
東京23区の中では最も新しく誕生した区で、板橋区の一部だった旧北豊島郡練馬町・上練馬村・中新井村・石神井村・大泉村の区域が1947年8月1日に分離して発足した。当時、広大な板橋区の区役所までの経路が遠く、著しく不便であったことが分離の要因とされている。板橋区は練馬、石神井に行政派出所(後に、支所)を設けたが、行政サービスは極めて限られていたため、西武池袋線沿線を中心として生活する住民の要望にこたえる形で分離された。

 

練馬区は緑の多い閑静な住宅街であり、最低居住面積水準未満の世帯率は東京23区で最も低い。練馬区民の男性の平均寿命は81.2歳で全国で第5位、東京23区で第1位である。また刑法犯認知件数は、人口が60万人以上のほぼ同規模の特別区の中で大田区に次いで少ない 。人口は約70万人で、23区中世田谷区に次いで多い。近年は副都心線や大江戸線などの開通に伴って、マンション建設ラッシュに沸いている。

 

東映東京撮影所に付随した東映動画が存在したことから、日本のカラー長編アニメ(又は民間アニメ)の発祥地 、日本初の30分連続テレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』(当時は「テレビまんが」と称された)を製作した、日本のアニメ産業の礎となった地である 。日本一のアニメ関連企業の集積地 でもある。

 

●名所・旧跡
・練月山愛染院
牧野記念庭園 - 世界的に有名な植物学者、牧野富太郎博士の住居跡を整備した庭園。
・氷川神社 (練馬区氷川台)
キャンプ・ドレイク跡。現在は和光市内に一部残るのみ。

 

●地理
・地勢
石神井川と桜(練馬区羽沢三丁目、氷川台三丁目)
東京23区の北西に位置する。東西は約10km、南北は約4kmから7kmのほぼ長方形をしており、面積は48.16?である。23区の総面積の約7.7%に当たり、23区の中では5番目の広さである。区内全域が武蔵野台地に属する。埼玉県南部と共に、今ものどかな風景を残している。河川は石神井川と白子川が中心で土地の高低差は小さい。23区内の最高標高地点は練馬区関町南四丁目(武蔵関公園南方)で、標高約58mである。北西には埼玉県新座市に囲まれた飛地(西大泉町1179番地)がある。区としてはこの飛地を埼玉県へ編入する方向で調整しているが、住民は反対している。

 

・気候
年間の平均気温は15℃前後で、ここ20年ほどはほぼ横ばいである。 最高気温もほぼ横ばいで推移しているが、1日の最高気温が30℃を越える日数、および1日の最低気温が25℃を超える日数は、1990年以降、増加傾向にある。夏場に都内最高気温を記録することが多く、ニュースでもよく取り上げられる。これは、もともと練馬区が比較的気温の上がりやすい内陸部に位置している上、都心部で発生したヒートアイランド現象による高温の空気が、夏場に吹く南風によって練馬区・埼玉県・群馬県方面に運ばれてくるためである、と考えられている。 

 

ただし、「練馬」が都内最高気温であったと報じられることについては、気象庁のアメダス観測所の配置にも留意する必要がある。「練馬」の気温とは、当区に設置されたアメダス観測所の観測データのことであり、23区内のアメダス観測所は「練馬」のほかには、東京(千代田区)、世田谷(世田谷区)、江戸川臨海(江戸川区)、羽田(大田区)のみの設置である。あくまでもこれらの観測所のデータとの比較でしかないため、「練馬」が都内最高気温であったと報じられた場合でも、練馬区近隣の区が練馬区より気温が高くなかったとは必ずしも言い切れない。アメダス観測所については、近年高層マンションが建ち並んだ事で風通しが悪くなった為、2012年12月、武蔵大学・江古田キャンパスから日本銀行石神井運動場跡地へ、7km西に移転した。

 

尚、年間降水量は約1,000mmから約2,000mmの間で増減しており、顕著な傾向は見られない。しかし、近年は夏場に多く発生するゲリラ豪雨による冠水や浸水の被害が報告されることもあり、その対策の一環として雨水貯留施設を埋設する工事を進めている。